自家栽培について

いきなり大規模な農業を始めるのは難しいですが、自分が食べるだけのものを自給自足することから始めるのはいかがでしょうか。自分で手を動かして作物を育てるのは、自然と触れ合える良い体験となり、また自作した食べ物の美味しさは格別です。食べ物のありがたみをより強く感じられるようにもなるでしょう。

こちらでは、自家栽培を楽しんで続けるコツをご紹介します。

自家栽培とは

家庭菜園とも言われますが、自分で野菜や果物などの植物を育てることです。自分が必要とする量や好きな植物を調整して栽培でき、無農薬や有機農法などのこだわりも好きに取り入れることができます。

自家栽培をする場所

自家栽培は、自分の農園や畑を持っていなくても、アパートのベランダなどで気軽にできることが魅力です。小さいサイズのプランターで育てられるハーブ類やトマトなどは、1人暮らしの人でも取り組みやすいでしょう。また、水を入れたペットボトルや濡れたスポンジなどに植物を植えて栽培する、土を使わない水耕栽培という方法も簡単に自宅で行えます。水耕栽培は、レタス、水菜、ルッコラなどの葉野菜が適しています。

もう少し広い土地で自家栽培を行いたい場合は、自分の庭があれば庭のスペースを利用するか、または自治体が運営する菜園を契約して借りることもできます。自治体運営の菜園の中には、家庭菜園用の敷地を貸し出しているところもあり、月額、年額などで決められた料金を支払います。こちらは本格的な準備や耕作が必要となってきます。その分、栽培できる野菜の種類も広がるので、楽しみも大きくなるでしょう。